なぜ小さい男性器の人と大きい男性器の人がいるのか?

女性に喜ばれたい、子宮を突きたい、などペニス増大したい方必見!
ペニス増大に効果絶大の1日3分でできる増大方法

■男性器が小さい原因

男性器を大きくするためには男性器が小さい原因を知りましょう。男性器が小さい要因には以下の三つのものがあるといわれています。

●生まれつき

男性器が短小な原因の一つとして遺伝というものが考えられます。

生まれつきで男性器サイズが決まっていると言われるともう買えられないのかと思いがちですが、実はそうではありません。

ここで言う体質とは、生まれたときから男性器のサイズが決まっていることではありません。

「男性器が大きく成長するために必要な成分が、体の中で生成されにくい体質」という意味です。

身長や顔の見た目などのように遺伝であらかじめ決まっているわけではありません、男性器の成長に必要な栄養素を継続的に摂取することにより男性器増大を実現することができます。

●下半身の筋肉不足

おなかの下の方の筋肉が弱い人などが男性器が小さいと言われている原因は男性器につながっている筋肉が不足しているからです。

男性器というのはそもそも下腹部から伸びている筋肉とPC筋で基礎ができていて、その周りを海面体細胞で構成されているという構造になっています。

勃起というのは海面体細胞が血流を吸収して膨張することにより男性器が大きくなります。さらに男性器の根底の筋肉が緊張して男性器をつり上げるような形になることによりそそり立つ男性器という形になるのです。

この男性器を構成しているPC筋と下腹部の筋肉が弱っていると、力強い勃起男性器ではなくへなへなした男性器になってしまうということです。

筋肉が弱かったり太ったりしている人は、まず下腹部の脂肪分を減らすことにより男性器の筋肉を付けて勃起したときの大きさやギンギン具合を改善することができます。

●包茎である

包茎状態というのも男性器を小さく見せてしまっている原因の一つです。包茎というのは男性器の先端に皮が被っている状態です。

小さい頃は亀頭に皮がかぶっているのが普通の状態ですが、思春期を迎えて男性器が大きくなりはじめると自然と皮がむけて、亀頭がさらけ出すようになります。

人によっては大人になっても亀頭に皮が被った包茎状態になっていることもあって、勃起したときでも皮がかぶっているということもあるのです。

仮性包茎:通常時は亀頭に皮が半分くらいかぶっている。勃起すると完全にむける。

真性包茎:通常時も勃起時も亀頭に皮がかぶってむけない状態。性行為が難しいこともあり、できれば手術で治したい状態

他にもカントン包茎というのもあってこの包茎というのは、亀頭の先端部分が狭くなっていて、亀頭を締め付ける状態になる包茎のことをいいます。

上記のように包茎にはいくつも種類がありますが、どの包茎のタイプでも亀頭が皮にかぶっている状態のことをいいます。

亀頭に皮が被っている包茎という状態は、男性器増大にはマイナス要因になってしまうのです。

包茎の男性器と正常な男性器では数センチもさがあるといわれているくらいです。

包茎の人はまず包茎を治すことにより男性器が少し大きくすることができます。